【新型コロナ】八戸市長、軽症者の保養先として検討

14日で閉館となる八戸市の「八戸シーガルビューホテル」について、小林眞市長は10日、新型コロナウイルスに感染した無症状や軽症患者の療養先として活用を検討する考えを明らかにした。市内での感染拡大状況などを踏まえながら、今後、青森県や医療機関と.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録