Free【新型コロナ】八戸シーガルビューホテルが4月14日で閉館

八戸市鮫町の「八戸シーガルビューホテル花と月の渚」を運営する「海の樹開発」(同市、河原木督悦社長)は10日、同ホテルを4月14日午後8時で閉館すると明らかにした。新型コロナウイルスの影響で宿泊や宴会の利用が落ち込み、事業継続が困難と判断した。従業員32人は5月10日付で全員解雇し、再就職の支援に当たる。ホテルの建物と土地は市に返還する。

お気に入り登録