Free六ケ所村立第二中学校で統合式典

誓いの言葉を述べる石久保佳奈さん(右)と阿部正英さん
誓いの言葉を述べる石久保佳奈さん(右)と阿部正英さん

3月で閉校した六ケ所村立千歳中と統合した新たな同村立第二中(奈良岡臣哉校長)の統合記念式典が7日、同校体育館で開かれ、2、3年生52人がそれぞれの校風を胸に、新たな歴史へ向けて踏み出すことを誓った。
 千歳中は1952年、倉内小学校千歳分校内に誕生。多くの卒業生を送り出したが、68年間の歴史に幕を下ろした。第二中は96年に平沼、倉内、中志の3校が統合して誕生。両校は今年4月に統合し、新生第二中として動き出した。新しい校訓は両校のものを合わせ、「誠実 連帯」「立志 進取」「拓魂 創造」の3つとした。
 式典は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、規模を縮小して実施。新入生は出席せず、全員がマスクを着用した。校歌斉唱なども行わなかった。
 式では村教委の橋本博子村教育長が開校を宣言した後、奈良岡校長が「両校の校訓と校風を引き継ぎ、新たに飛躍してほしい」とあいさつ。戸田衛村長は「たくさんの仲間をつくりながら、勉強やスポーツに励んでほしい」と祝辞を述べた。
 最後に、両校出身者として共に新生校の生徒会長となった3年の阿部正英さんと石久保佳奈さんが、「新しい友と新しい行事を作れば充実した学校生活を送れるはずだ。みんなで新生第二中学校をつくりましょう」と誓いの言葉を述べた。
誓いの言葉を述べる石久保佳奈さん(右)と阿部正英さん

お気に入り登録