Free【新型コロナ】県外への外出自粛を 市長呼び掛け/久慈

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、遠藤譲一久慈市長は6日の定例会見で「不要不急の外出、特に岩手県外への外出は当面の間は自粛してほしい」と呼び掛けた。今後は大学の休校などで帰省している若者に対しても、感染対策の徹底を求める方針。
 県内で感染者は確認されていないが、遠藤市長は「八戸が近いので非常に心配。いつ発生してもおかしくない」と強調。「県外から久慈に来る人を止めることはできないが、せめて市民には命を守る行動を呼び掛けたい」と述べた。
 また、市職員については、4、5月の県外出張の自粛を決定。私的な理由で首都圏を訪問した場合にも、市に旅先での行動履歴の報告を求めるほか、場合によっては2週間の自宅待機を指示するとした。

お気に入り登録