Free【新型コロナ】横浜町建設安全協議会が町にマスク1万枚寄贈、妊婦らに配布へ

野坂充町長(左)にマスク1万枚の目録を贈る小川和一会長=30日、横浜町役場
野坂充町長(左)にマスク1万枚の目録を贈る小川和一会長=30日、横浜町役場

新型コロナウイルスの感染予防のため、横浜町建設安全協議会(小川和一会長)は30日、町にマスク1万枚を寄贈した。ウイルス拡大の影響で全国的にマスクが不足しているため、町は「本当に助かる」と感謝。今後、町内に住む妊婦らに配布する方針だ。
 同協議会は町の除雪業務を請け負っている町内の土木、建設関係の7社で組織。青森県内で初の感染者が確認されたことを受け、町に貢献できることがないかを協議し、寄贈を決めた。マスクの納入は4月中旬となる見通し。
 同日、町役場で行われた贈呈式では、小川会長が目録を野坂充町長に手渡し、「県内でも感染が確認され、町民も危機感を覚えている。十分な枚数とは言えないが活用して下さい」とあいさつ。野坂町長は「貴重なマスクを寄贈いただき感謝したい」とお礼した。
 寄贈されたマスクは妊婦や人工透析患者ら80人に1人当たり50枚ずつ配る。小中学校にも必要数を補充するという。