温室効果ガス排出量2・6%減少/17年度、青森県内

2017年度の青森県内の温室効果ガス排出量(二酸化炭素換算)は1520万5千トンで、前年度から2・6%減少したことが27日、県のまとめで分かった。排出量は13年度のピーク以降、減少傾向にある。県環境政策課は「気温が前年度に比べ、夏が低く、春.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら