十和田地域消防安全管理協会が段ボール製ベッド寄贈

小山田久市長(中央)に目録を手渡す成田一郎会長(右)と菅文昭副会長
小山田久市長(中央)に目録を手渡す成田一郎会長(右)と菅文昭副会長
十和田地域消防安全管理協会(成田一郎会長)は13日、十和田市に対し、災害発生時に避難所で使用する段ボール製ベッド20個を寄贈した。 段ボール製ベッドは組み立てが簡単で、耐荷重は700キロと強度が高いのが特長。体への負担軽減など避難生活の改善.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら