看護職員の青森県内就業率57・6%、全国下回る

青森県は13日、県内にある看護職員養成施設の卒業生が県内就業する割合について、2018年度(19年3月卒)は57・6%で、全国平均の73・7%を下回ったことを明らかにした。また、勤務1年未満の看護職員(常勤)が離職する割合は12・6%で、全.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら