体罰した八戸市の小学校教諭を傷害罪で略式起訴

昨年9月、八戸市内の小学校に勤める男性教諭(29)が、担任する6年生の男児に対し、腕を引っ張るなど全治1週間のけがをさせた問題で、八戸区検は11日、傷害の罪で教諭を略式起訴した。 起訴内容によると、教諭は昨年9月4日午前、校舎内で、男児の腕.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら