【震災9年】荒海ホタテ、復興に光 「野田村の宝」官民一体でブランド化

ホタテを入れる網を修理する小谷地勝さん(左)と安藤正樹さん=2月28日、野田村
ホタテを入れる網を修理する小谷地勝さん(左)と安藤正樹さん=2月28日、野田村
2011年3月の東日本大震災で甚大な被害を受け、北奥羽地方で最大の被災地となった野田村で、特産のホタテがブランド化で成果を上げている。震災後は「荒海(あらうみ)ホタテ」として官民一体で売り込み、単価は震災前に比べて大幅に向上。生産量もようや.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら