働くことの楽しさ学ぶ 小学生、架空の町で社会生活を疑似体験

自分たちで作った商品を丁寧に並べる子どもたち
自分たちで作った商品を丁寧に並べる子どもたち
子どもたちが架空の町で仕事をしたり、買い物をしたりしながら社会生活を疑似体験するイベント「はちのへこどものまち」が22、23の両日、八戸市公民館で行われた。参加した小学生約230人が思い思いの職業になりきり、働くことの面白さを学んだ。 同市.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら