【超高齢社会の先へ】第2部 介護現場のリアル(5)・完

入居者の家族は、嘱託医や施設職員らと共にみとりケアの方針を確認する。いざという時のために話し合っておくことが大切だ(写真はイメージ)=1月下旬、五戸町の素心苑
入居者の家族は、嘱託医や施設職員らと共にみとりケアの方針を確認する。いざという時のために話し合っておくことが大切だ(写真はイメージ)=1月下旬、五戸町の素心苑
特別養護老人ホームでの「みとり」が増えている。人生最期は、安心できる場所で家族や親しい人に見守られながら旅立ちたい―。そんなささやかな願いをかなえるため、介護職員は医師や看護師と連携し、みとりケアへの知識を高めている。みとりケアを実践する五.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録