児童が暮らしと税の関わり学ぶ むつ大平小で租税教室

暮らしと税金の関わりを学んだ租税教室
暮らしと税金の関わりを学んだ租税教室
むつ・下北租税教育推進協議会(代表幹事・氏家剛むつ市教育長)は4日、市立大平小で租税教室を開催し、6年生73人が暮らしと税金の関わりに理解を深めた。 租税教室は、納税者として次代を担う児童・生徒の納税意識高揚が目的。むつ法人会青年部会の千葉.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら