埋蔵文化財調査で稼働9カ月延期/久慈地区汚泥再処理センター

久慈広域連合(連合長・遠藤譲一久慈市長)は10日、洋野町中野地区に整備を進めている久慈地区汚泥再生処理センターの稼働開始が当初予定より9カ月ずれ込み、2022年1月になるとの見通しを示した。理由は埋蔵文化財の調査のため。 同連合議会定例会で.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録