児童施設で虐待した職員を停職3月/青森県

昨年11月に児童自立支援施設「青森県立子ども自立センターみらい」(青森市)で担当職員が入所児童1人の臀部付近を蹴るなどの虐待を行った問題で、県は10日、同職員を停職3月の懲戒処分にした。 管理監督が不十分だったとして、健康福祉部長やこどもみ.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら