Free勇壮な摺りで古里に春の目覚めを 南部地方えんぶり開幕

8日に開幕した南部地方えんぶり。太夫たちによる摺りや子どもたちの祝福芸で古里に春を呼び込んだ=南部町の南部芸能伝承館前
8日に開幕した南部地方えんぶり。太夫たちによる摺りや子どもたちの祝福芸で古里に春を呼び込んだ=南部町の南部芸能伝承館前

南部地方えんぶりが8日、南部町で開幕した。初日は一斉摺りが行われ、太夫たちが力強く烏帽子を揺らし、まだ雪深い古里に春の目覚めを促した。9日まで。
 前年より1組少ない9組が参加。剣吉諏訪神社に舞いを奉納し、剣吉上町から南部芸能伝承館までを練り歩いた。同館前では、階上町の平内えんぶり組が、ゆったりとした「ながえんぶり」を披露。続いて登場した地元8組が、激しい動きの「どうさいえんぶり」の一斉摺りを行った。
 小雪が時折舞う中、太夫たちは勇ましく烏帽子を振り、子どもたちが、えびす舞などかわいらしい祝福芸で花を添えた。八戸市から訪れた四戸幸子さん(64)は「名残惜しそうな雪が、えんぶりを引き立てているようだった」と話した。
 最終日はチェリーセンターで午前11時と午後1時半、バーデパークで午後1時から、えんぶりが披露される。青森県南地方では、おいらせ町の百石えんぶりが15~17日、八戸市の八戸えんぶりが17~20日に行われる。