美保野小で閉校記念式典 68年間の歴史の幕

みほのかるたを紹介しながら思い出を発表する児童
みほのかるたを紹介しながら思い出を発表する児童
本年度末で閉校する八戸市立美保野小(工藤正道校長)で8日、閉校記念式典が開かれた。在校生8人と教職員、卒業生ら計約140人が68年間の歩みを振り返りながら、新たな一歩への決意を新たにした。 同校は市立町畑小美保野分校として1951年に誕生し.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら