FreeF16が六ケ所村に模擬弾落下、関係自治体「重大な問題」と抗議

模擬弾の落下現場を確認する防衛省の職員=7日午後1時ごろ、<br>六ケ所村
模擬弾の落下現場を確認する防衛省の職員=7日午後1時ごろ、
六ケ所村

防衛省は7日、米軍三沢基地所属のF16戦闘機が訓練中だった6日午後6時35分ごろ、三沢市と六ケ所村にまたがる三沢対地射爆撃場から西約5キロの訓練区域外の同村民有地に、模擬弾1発を誤って落としたと明らかにした。7日午前、米側から連絡が入った。模擬弾はコンクリート製で、重さ二百数十キロ。住民被害の報告はないが、関係自治体は「人命に関わる重大な問題」として米軍側に抗議した。
 模擬弾の落下について、在日米軍司令部は公式ツイッターで「原因は調査中」とし、「三沢基地は当面、このような訓練を中止する」と明らかにした。基地もホームページで同様のコメントを発表した。
 落下地点は村立南小や村立第二中から西約1キロの牧草地。日本原燃の使用済み核燃料再処理工場からは南約10キロ。現場は直径2~3メートルにわたり、地面がえぐらていた。目視では模擬弾を確認できない状況。三沢防衛事務所によると、8日以降に米軍が回収に当たる。
 同基地のクリストファー・ストルービ司令官は7日夕、六ケ所村役場を訪ね、戸田衛村長に謝罪した。戸田村長は「近くに学校などがあり、人命に関わる重大な問題だ」と抗議した。
 青森県の三村申吾知事は県庁内で報道陣に「米軍の安全管理体制に関する不信感を増幅させるもので、厳しく受け止めている」と強調。8日に防衛省へ赴き、申し入れすると明らかにした。
 基地を抱える三沢市の小桧山吉紀市長は取材に「地域住民に多大なる不安を与えるもので遺憾だ」と語った。市は7日、米軍三沢基地に原因究明や再発防止に万全を期すよう要請した。
 一方、菅義偉官房長官は記者会見で、防衛省が米軍に厳重抗議したと発表。現地に政府職員を派遣し、事実関係を確認していると説明した。
 米軍が管理する三沢対地射爆撃場は、三沢基地から北に約20キロの位置にある。広さ約766ヘクタール。地上への射撃や爆撃の訓練が可能な本州唯一の射爆撃場で、米軍と自衛隊が共同使用している。
 F16は昨年2月に東北町の小川原湖へ燃料タンクを投棄する問題を起こし、今年1月には八甲田山系上空を飛行中に操縦席を覆うプラスチック製部品の一部を落下させた。模擬弾の落下は2006年に2件発生して以来。