Free【八戸三社大祭】夏の夜に光彩、圧巻 夜間運行

夜間運行で真夏の夜に浮かび上がった幻想的な山車=2日、八戸市十三日町
夜間運行で真夏の夜に浮かび上がった幻想的な山車=2日、八戸市十三日町

八戸三社大祭中日の2日、八戸市中心街で夜間の山車運行が行われた。真夏の夜に浮かび上がった幻想的な山車に来場者がうっとりと見とれた。
 夜のとばりが下り始めた午後6時。出発の号砲が鳴り響くと、にぎやかなお囃子(はやし)とともに山車が市庁前を出発。途中、山車の仕掛けがせり上がると、沿道に詰め掛けた観客からは大きな歓声と拍手が沸き起こり、祭りの熱気が夏の夜を包み込んだ。
 鑑賞に訪れた市立吹上小4年の浄法寺奏也(そうや)君(10)は「ライトアップがとてもきれい。山車を動かすときの掛け声が好き」と目を輝かせた。
 一緒に訪れた親戚の八重畑寿子さん(33)も「おいっ子が喜んでいる姿が見られてうれしい」と目を細めていた。