【山車小屋の行方】(下)将来像

山車小屋の確保が重要な課題となっている八戸三社大祭。山車組、行政、地域による問題意識の共有が重要だ(写真はコラージュ。左から時計回りに、昨年の祭りの山車運行、長者まつりんぐ広場の山車小屋、今年の山車を作る制作陣)
山車小屋の確保が重要な課題となっている八戸三社大祭。山車組、行政、地域による問題意識の共有が重要だ(写真はコラージュ。左から時計回りに、昨年の祭りの山車運行、長者まつりんぐ広場の山車小屋、今年の山車を作る制作陣)
三つの神社の神事と華やかな山車の運行が融合した八戸三社大祭。約300年の歴史と伝統、ユネスコ無形文化遺産、市民の宝―などその魅力はさまざまな言葉で表現されるが、価値の根底には全て「地域」との関わりがあると言っていい。 山車小屋が果たす役割は.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録