衆院選危機感、集票力衰え 統一選最多落選の公明

 衆院選へ公明党が抱える課題(似顔 本間康司)
 衆院選へ公明党が抱える課題(似顔 本間康司)
公明党が次期衆院選へ危機感を募らせている。4月の統一地方選で過去最多の落選者を出し、支持母体・創価学会の集票力の衰えが覆い隠せないからだ。加えて、統一選で伸長した日本維新の会が、公明の持つ関西6小選挙区への進出を検討しており、警戒を強める。.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録