Free木野さん、王林さんW主演 ロケ地・佐井で製作発表 花田ミキさん映画

映画「じょっぱり―看護の人花田ミキ」の製作を発表した、五十嵐匠監督(中央)、太田直樹佐井村長(右)ら=25日、村役場
映画「じょっぱり―看護の人花田ミキ」の製作を発表した、五十嵐匠監督(中央)、太田直樹佐井村長(右)ら=25日、村役場

看護師や保健師として、青森県内の公衆衛生改善に尽力した故花田ミキさん(弘前市生まれ、1914~2006年)の生涯を描く映画「じょっぱり―看護の人花田ミキ」の製作会見が25日、佐井村役場で開かれた。主演は横浜町出身の俳優木野花さんと、弘前市出身で「りんご娘。」元リーダーの王林さん。2月20日に関東地方でクランクインし、3月4~6日に佐井村内で撮影する。

 映画では、従軍看護婦として傷病者らの看護に当たったほか、八戸市で集団感染が起きたポリオ(小児まひ)の治療法を広めるなど、命を守るために奔走した花田さんの生きざまを描く。

 キャストは映画初出演となる王林さんのほか、花田さんの晩年を木野さん、若かりし頃を伊勢佳世さんが演じる。草野とおるさん(深浦町出身)や相馬有紀実さん(青森市出身)、舞の海秀平さん(鯵ケ沢町出身)など、県出身者が脇を固める。

 メガホンを取るのは、2歳の時、奥羽線の列車内で意識を失っていたところを花田さんに救われたという、五十嵐匠(しょう)監督(青森市出身)。会見では「県民の命を守るために尽力した花田さんのたくましさや優しさを多くの人に知ってほしい」と意欲を語った。

 佐井村は、かつて花田さんが公衆衛生について村民に教えた―という縁がある。ロケ地となったことに太田直樹村長は「撮影が順調に進むよう、できる限りバックアップしたい」と話した。

 映画は今秋にも完成し、来年、公開予定。県内では年内の先行上映を計画しているという。

………………………………………

※地域のニュースはデーリー東北で。まずはアプリをダウンロードしてお試しください。無料コンテンツもたくさんあります。
https://www.daily-tohoku.news/user-guide-app

お気に入り登録