【インターハイIH】工大一、痛恨の反則に泣く 調整不足も敗因に

8強目前で敗れ、ぼうぜんとした表情で整列する工大一メンバー
8強目前で敗れ、ぼうぜんとした表情で整列する工大一メンバー
「第2ピリオド(P)終わりの反則に尽きる」。石藤壽也監督の言葉が、試合展開を端的に表していた。前回準Vチームに挑んだ工大一は先制に成功したものの、第2P終了間際に2連続反則。第3P早々の人数の少ない場面で連続失点し、流れを失った。石藤監督は.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録