【インターハイスピード】八戸、強豪校を観察 来年は団体出場へ

【男子500メートル】41秒70で39位だった秋田玖穏(八戸)
【男子500メートル】41秒70で39位だった秋田玖穏(八戸)
先日のフィギュアと同様、スピードも開催地選定が難航した影響で例年より規模を縮小しての開催だ。昨年の八戸大会は会期が4日間だったが、今回は2日間で、これに伴ってリレーなど団体種目は実施が見送られた。 今回、男子3選手が出場している八戸。例年通.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録