家計資産、21年末過去最高 建物、株式の評価額増で

内閣府が20日発表した国民経済計算によると、一般家庭や自営業などを合わせた家計の資産残高は2021年末時点で前年末比4・7%増の3210兆8千億円で、比較可能な1994年以降で過去最高となった。増加は3年連続。株価の上昇で金融資産が増えたこ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録