青森県、森林クラウド4月導入 情報一元化で資源利活用促進

森林クラウドシステムの活用法を学ぶ関係者=19日、青森市
森林クラウドシステムの活用法を学ぶ関係者=19日、青森市
青森県は今年4月から、「森林クラウドシステム」の運用を始める。県や市町村が組織ごとに管理していた森林情報を一元化し、各種申請や計画策定の効率化を図る。各組織が航空レーザーで測定した森林解析データも共有し、森林資源の利活用を促進したい考え。 .....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録