弁の表示見直しや施錠 原燃、再発防止対策完了 廃液冷却一時停止で

日本原燃は16日、使用済み核燃料再処理工場(六ケ所村)で昨年7月に高レベル放射性廃液貯槽が一時冷却できなくなった問題を巡り、原因とされる仕切り弁の誤認の再発防止対策が完了したと発表した。工場全体で弁の系統や開閉状態が視認しやすいよう識別表示.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録