真相求めた公判6月に判決 運行会社社長らは無罪主張/軽井沢スキーバス転落

長野県軽井沢町のスキーバス転落事故で業務上過失致死傷罪に問われた、バスの運行会社社長高橋美作被告(61)と当時の運行管理者だった荒井強被告(54)の長野地裁の公判は昨年12月に結審、6月8日に判決が言い渡される。遺族らは「責任の所在を知りた.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録