【新型コロナ】陽性妊婦、対応「綱渡り」 感染恐れ、受け入れ控え

 新型コロナ陽性妊婦の受け入れを巡る京都府と病院の立場
 新型コロナ陽性妊婦の受け入れを巡る京都府と病院の立場
新型コロナウイルスの「第7波」で感染者が急増した昨年8月、陽性になり自宅療養していた京都府内の妊婦の分娩(ぶんべん)先が見つからず、救急車内で緊急出産した。事前の情報共有が不十分で、病院が対応できなかった。人手不足の産婦人科は職員の感染を恐.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録