小惑星の謎、放射光施設が解明 はやぶさ2採取のかけら

 スプリング8の施設内に立つ土山明立命館大教授=2022年10月、兵庫県佐用町
 スプリング8の施設内に立つ土山明立命館大教授=2022年10月、兵庫県佐用町
探査機はやぶさ2が2020年に持ち帰った小惑星りゅうぐうの試料の分析が進んで、大きな発見の報告が相次いでいる。水や有機物など、生命の誕生につながる物質が小惑星にあると確かめられた。特に水は液体で存在していると分かり、話題となった。極小の試料.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録