サンマ水揚げ4年連続最低 22年1・7万トン 記録的不漁

 サンマ水揚げ量の推移
 サンマ水揚げ量の推移
全国さんま棒受網漁業協同組合(東京)は10日、2022年の全国のサンマ水揚げ量が前年比2・1%減の1万7910トンだったと発表した。記録的な不漁が続き、4年連続で過去最低を更新した。10年前の12年(21万8371トン)と比べ、わずか約8%.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録