三沢―羽田線、4便維持へ正念場 冬季需要の掘り起こしに全力

三沢―東京線4便化の継続可否が決まる「トライアル運航」の終了まであと3カ月。関係者は冬季の誘客などに力を入れる考えだ=2022年12月下旬、三沢空港
日本航空の三沢―東京(羽田)線1日4便化の維持に向けた取り組みが正念場を迎えている。2020年10月に始まった現在の4便化は暫定的なもので、22年3月から1年間にわたり正式な増便に向けて下地島(沖縄)と運航実績などを競う「トライアル運航」を.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録