【青森県知事選】自民、候補選び複雑化 挙党態勢構築できるか

青森県知事選を巡り、自民党県連の候補者選びは複雑化している=左上から時計回りに、蜜月の関係を築く小野寺晃彦氏(中央)と三村申吾氏(右)、いち早く名乗りを上げた宮下宗一郎氏、独自候補の擁立に動く県連(写真はコラージュ)
青森県知事選を巡り、自民党県連の候補者選びは複雑化している=左上から時計回りに、蜜月の関係を築く小野寺晃彦氏(中央)と三村申吾氏(右)、いち早く名乗りを上げた宮下宗一郎氏、独自候補の擁立に動く県連(写真はコラージュ)
青森県知事選に青森市長の小野寺晃彦氏(47)が参戦する方向となり、自民党県連の候補者選考が複雑化の様相を帯びている。現時点で独自候補に県出身官僚を立てる方向で動いているが、小野寺氏は「政治の師」と仰ぐ現職の三村申吾氏の意向を見極めつつ、県連.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録