スキー競技者減少続く 青森県内の中学、高校 少子化、金銭面も重荷

青森県内でジュニア層のスキー競技者が減少している。2022年1月の県高校大会の女子リレーは野辺地高のみの出場だった=大鰐温泉スキー場
青森県内でジュニア層のスキー競技者が減少している。2022年1月の県高校大会の女子リレーは野辺地高のみの出場だった=大鰐温泉スキー場
青森県内の中学、高校でスキー競技者の減少が続いている。少子化に加え、競技特有の問題として用具にかかる金銭面も敬遠されているとみられる。青森県では2026年に国民スポーツ大会が開かれる。多くの入賞を目指す中、関係者も選手育成の必要性は認識する.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録