対中懸念で覇権争い過熱 人材不足、国産化に試練/日米の半導体連携

 日米の半導体連携を巡る動き
 日米の半導体連携を巡る動き
日本政府は次世代半導体の開発で米国との協力を深めている。台湾有事への懸念がくすぶる中、米国と中国の技術覇権争いに端を発した「半導体戦争」が過熱。日本は米国との連携に命運を懸け、官民挙げて国産化を推し進めるが、人材不足の試練が待ち受けている。.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録