【宮下氏が出馬表明】立民、支援に含み 共産と社民、別候補を模索

むつ市の宮下宗一郎市長が、青森県知事選への出馬表明をしたことに対し、県内の野党勢力の反応には温度差がみられた。野党第一党として主戦論を唱えてきた立憲民主党は、あくまでも独自候補擁立を基本姿勢としつつ、政策や政治姿勢によっては「(支援を)検討.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録