山形の正月は「アマハゲ」 来訪神が怠け心戒める

 小正月行事「アマハゲ」が行われた山形県遊佐町の女鹿地区で、アマハゲに遭遇し泣き出す子ども=3日午後
 小正月行事「アマハゲ」が行われた山形県遊佐町の女鹿地区で、アマハゲに遭遇し泣き出す子ども=3日午後
山形県遊佐町の女鹿(めが)地区で3日、小正月行事「アマハゲ」が行われた。秋田県の「男鹿(おが)のナマハゲ」などとともに、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に登録されている。鬼などの面をかぶった来訪神が甲高い声を上げて民家を訪れ、.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録