家康の母、地元愛知で注目 於大の方、大河効果に期待

 鳳来寺山の山頂近くの鳳来寺本堂に移設された、於大の方のブロンズ像=愛知県新城市
 鳳来寺山の山頂近くの鳳来寺本堂に移設された、於大の方のブロンズ像=愛知県新城市
NHK大河ドラマ「どうする家康」の放送を控え、地元の愛知県で徳川家康の生母、於大の方(おだいのかた)に注目が集まっている。居城の模型制作などの取り組みが進み、関係者は「家康を陰から支えた於大の方の生涯を知ってもらう機会にしたい」と大河ドラマ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録