鳥インフル、過去最多並ぶ 群馬で確認、計52例に

群馬県は1日、前橋市の養鶏場で発生した高病原性鳥インフルエンザが疑われる事例について、遺伝子検査で陽性が確認されたと発表した。県によると、県内の養鶏場での陽性確認はこれまでで初めて。養鶏場などでの今シーズンの国内発生事例数は計52例に達し、.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録