北朝鮮、連日ミサイル発射 EEZ外落下、元日は異例

【ソウル共同】韓国軍合同参謀本部は1日、北朝鮮が同日午前2時50分(日本時間同)ごろ、首都平壌の竜城付近から日本海に短距離弾道ミサイル1発を発射したと発表した。浜田靖一防衛相は、最高高度は約100キロで約350キロ飛行し、日本の排他的経済水.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録