青森山田 守備乱れ青森山田大敗

【青森山田―八学光星】4回八学光星1死三塁、伊藤大将の適時二塁打で5―1とする=はるか夢
ライバル・八学光星を相手に、大敗を喫した青森山田。完投した主戦堀田賢慎は17失点の結果に「実力不足を実感した。勝つのが難しいと感じた」と悔しさをにじませた。 初回から失策や暴投が相次いで、守備のリズムが乱れ、攻撃の流れもなかなかつかめなかっ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録