【八戸-苫小牧フェリー50周年】2市、交流人口拡大へ連携 5分野で事業推進

「シルバーティアラ」の船内は天井が鏡になっており、開放感のある空間が広がる=18年4月25日、八戸市
フェリー航路で結ばれた八戸市と苫小牧市は、2018年に交流連携協定を締結した。共に国際物流港がある工業都市で、アイスホッケーなどのスポーツが盛んな類似性を生かし、官民で「八苫」の連携による地域活性化や交流人口の拡大を目指している。 両市の連.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録