一関で回収のオオハクチョウ、高病原性鳥インフル検出

岩手県は25日、一関市内で今月11日に保護した後、死亡したオオハクチョウ1羽を遺伝子検査した結果、高病原性鳥インフルエンザウイルス「H5亜型」が検出されたと発表した。 県内で野鳥から高病原性ウイルスが確認されたのは今季初。県は県内で家きん1.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録