漁師「海が変わった」 南方系の魚に困惑 気候変動に取り組む若手漁師

 いけすから魚をすくい上げる平山孝文さん=10月、長崎市沖
 いけすから魚をすくい上げる平山孝文さん=10月、長崎市沖
月の明かりを受け、長崎市の漁師平山孝文さん(49)が、岸から近い海上のいけすに網を入れた。ブリやアジが勢いよくはね、水しぶきが上がった。 「最近は南方系の魚が多く取れる」。沖縄県の県魚のグルクン、暖かい海にいる色鮮やかなブダイ…。平山さんは.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録