みちのく生き物観察記㉛ハシボソガラス

クルミをくわえて落下させようとするハシボソガラス=10月、八戸市松館
クルミをくわえて落下させようとするハシボソガラス=10月、八戸市松館
私たちの最も身近にいる鳥と言えばカラスだろう。主にハシボソとハシブトの2種がいるが、道端でクルミの実をくわえて飛び立ち、上空から道路に打ち付けて割る芸当をこなすのはハシボソガラスだという。 八戸市松館の車道で観察すると、何度か繰り返すうちに.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録