天鐘(11月21日)

10年以上前にサケトバ作りの取材をして以来、その味の虜(とりこ)になった。原料は八戸沖で取れた秋サケ。寒風が吹く冬近くになると、大久喜漁港そばの作業場に何度か通った▼干したサケは引き締まってあめ色に輝いていき、旨みがぎゅっと凝縮。かむほどに.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録