時評(11月21日)

さまざまな障害のある子どもが通う特別支援学級が、青森県内で増えている。自閉症など発達障害に対する世間の理解が進み、当事者自らが就学を選択している現状が背景にあるようだ。個々に応じた充実した支援が期待できる一方、現場では専門的な知識や技量を有.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録