時評(11月20日)

青森県南地方の俳壇をリードしてきた八戸市の三大結社の一つ、青嶺俳句会が年内での解散を決めた。創設者の木附沢麦青(ばくせい)代表が今年5月に亡くなったのが大きな理由だ。「俳壇の芥川賞」と呼ばれる角川俳句賞を受けた青森県内の俳人は、全員が鬼籍に.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録