公共事業12件「継続」認める 青森県再評価審議委、県に意見書

青森県公共事業再評価等審議委員会(委員長・大橋忠宏弘前大人文社会科学部教授)は18日、県が2022年度の再評価、事後評価の対象とした公共事業に対する意見書をまとめ、三村申吾知事に提出した。再評価12件は県の対応方針案通り「継続」とし、事後評.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録