ブラックホールに「輪」 京産大などのチーム観測

 ブラックホールを取り囲む輪状の構造(赤い部分)のイメージ画像
 ブラックホールを取り囲む輪状の構造(赤い部分)のイメージ画像
京都産業大の岸本真教授(宇宙物理学)らの国際チームは18日、ブラックホールを取り囲む輪状の構造を望遠鏡による観測で確認したと米専門誌に発表した。 チームは地球から6200万光年離れた銀河「NGC4151」の中心にあるブラックホールを米国にあ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録